LINK

普通のはじめたばかりの人向けの外国為替証拠金取引の雑誌では「損をした時にはナンピンで、全体の平均のコストをコントロールする事が出来る」等アドバイスしていたりする事もありますがナンピンには大きな落とし穴があると思います。治験コーディネーター 業務と包茎手術

とりあえず、ナンピンのロジックについてごく簡単に記述します。全身脱毛 仙台 キレイモ

仮に100円で1ドルを買ったとします。レモンもつ鍋

$(ドル)買いなので、円安になれば黒字が大きくなるわけですが、運悪く1ドルが95円までドル安が進んだとします。ハーブガーデン におい

そのまま所有し続けたらプラスになるためにはドル安になった分、ドル高に向わなければなりません。准看護師の試験

誰もがみんな、マイナスは早めに取り戻したい思います。プライスター月額

これを解決するためはじめに注文したのと同じだけのドルを、1ドル95円で買い増します。日本で2番目に古い商店街

そうしたら、全体のコストは97円50銭まで安くする事が出来ます。美容ブログ

結果として、半分の幅で円安ドル高が進めばマイナスを失くせます。お金を借りる

これが、ナンピン買いの手法です。

こういうふうに、ナンピンの理論を理解すると、「まちがいない」という気分になるが市場は易々と問屋を卸してくれない。

最初から、1ドル95円が下限だとということなど誰にも想像できません。

例として、相場がかなりの円高ドル安動向だとすると、1ドル95円では収まらず一段の円高ドル安に進む危険性がある。

仮に、1ドル97.50円でナンピンをしたとしても95円までドル安が進んだらナンピン買いをしたポジションも、損が生じてしまいます。

これでは、一番初めにエントリーしたドルと全部で、差損を被ることになります。

例示したとおり、ナンピンは難しいのだ。

それでは、為替があなたの台本とは別の方向にさっさと行ってしまった場合、どういう手段で危険を軽減すればいいのだろうか。

ここで取れる道は限られています。

ひとつはあきらめて損失を確定する事です。

もうひとつはその時点で、あなたが保有している買いポジションを小さくする事でもう一回為替相場が元のようになるのを動かないで待機する事です。

かなり消極的な術だと言う方もいると思います。

だがしかし、所有している買いポジションにマイナスが生じた場合最も正しい術はこの他にはないです。

無論、理論としては、ナンピンする術もあるように思えます。

けれどもナンピンは自分自身が損失を出している状態にもかかわらず、ポジションを減らすどころかそれとは反対に買いポジションを積み重ねていく手法です。

この考え方では、危険を管理することなどどこをどうやっても不可能だ察するべきです。

ナンピンをし続ければその内マイナスがプラスになるかもしれません。

しかし、それより先に投資資金は足りなくなってしまいます。