LINK
一般的に任意保険とは強制保険になっている自賠責保険とは別に自賠責保険の範囲内でカバーされない補償をしてもらえる凄く重要なより充実した保険です。これは任意の保険に関しては自動車損害賠償責任保険の上乗せとして機能しますので、自賠責保険の支払い能力を超えた時に働きます。また、自賠責保険には物的損害については補償が受けられないので対物損害を補うためには任意保険にも入っておくことをお勧めします。もう任意保険を納めているクルマを処分する場合は国内メーカーの自動車もしくは外車というようなことは関係なく、残金が返金されます。これは国産メーカーの車を査定に出す場合でも例外ではありません。自賠責保険は、基本的にはかけたままにしておくのが常識ですが任意保険は全ての人が入るものではないので解約をすることになります。また、任意保険をキャンセルをすれば現段階で 納めている残存金額が返ってくるということになります。車の買取が成立したと言ってもすぐに任意保険を解除するというのは危険です。当然すぐさまキャンセルするとそれだけ戻ってくる金額は多くなりますがもしかしたら自動車専門店が離れた場所にあるため、自分で運んで行くことになったケースでは任意保険なしで車の運転をしなければなりません。万が一のリスクを考慮して、絶対もう自分が車の運転をしないという状況になるまでは任意保険の契約の解約の手続きはすることのないようにしなければなりません。自動車を手放して、またすぐに新しいクルマを購入するケースでしたら構わないですが仮にずっと車の運転をしない状態が継続して保険に加入している意味がなくなってしまったらこの任意保険未加入の時が存在する場合、以前に入っていた時の保険の等級が下がるので、任意保険の保険料が増額されます。そういったような時は「中断証明書」という書類を出してもらうようにしなくてはいけません。この「中断証明書」があれば、一定期間は無保険になる前の任意保険の等級を引き継いで加入することができます。そして、13ヶ月以内は発行依頼をすることができるので、仮にもう愛車を売却していて、「中断証明書」を発行されてもらっていないケースでは、保険の提供元や代理店に中断証明書を発行していないことを伝えたほうがいいと思います。もしも自分が他の車を購入して、購入後に前に保有していた中古車を廃車に出す場合は、契約はどちらか一方のみの契約となります。任意保険の契約し直しということですから、乗る必要がある自動車の場合、処分の際まで注意しましょう。そして任意保険という保険は車両次第で価格が大きく変化してくるので、中古車買い取り時は任意保険そのものを検討するタイミングでもあります。